×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

上手なアルトサックスの吹き方

アルトサックスをかじったばかりだと音がひっくり返るなどしてあまり言い拭き方じゃないのかなあと思ってしまいますよね。

私もリードを支えるための口の筋肉であるアンブジャーが未完成なためにマウスピースをアルトサックスの吹き口であるマウスピースがしっかりとくわえることができずにとても苦戦した覚えがあります。しかし、ずっと練習していても二時間くらい立つと口の筋肉になかなか力が入らなくなってくるため練習したくてもできませんよね。そんなときは、顎が前気味に出てきているために疲れやすいのだそうです。

なので、アルトサックスの上手な吹き方としては下あごを引き気味にして、下唇に力をあまり入れないで、やさしく巻いてリードをかまずにするといいですよ^^ぜひ試してみてください。

アルトサックスの楽譜を読めるようにする

アルトサックスの楽譜は音を出す練習をしていく中でたくさん読む機会があります。それもアルトサックスの場合は単音が中心ですし、音域は一の範囲内の楽器なのでそれほど難しい楽器ではないのです。なので、アルトサックスを始めたばかりの人で楽譜が全然読めないという方も安心して練習をするといいでしょう。

たとえば、ピアノをうまく弾けるようになるためには小さい頃から熟練してやっていなければなかなか難しいのですが、楽譜を読んだり書いたりするのならば大人になってからでも十分に熟練することができるのです。アルトサックスの楽譜を数多くこなすことによりかなり読めるようになってくるはずですよ^^

ただ、まったく楽譜が読めないというのであれば、一から百まで全部教えてくれるような人がいなければかなり厳しいと思います。まあ、アルトサックスに限らずすべての楽譜は長さや音の高さを図示しただけの記号の集合体なので、少し覚えることを覚えればすぐに理解できるような物です。私なんかかなり楽譜を読んできているので、絵のように感じますよ♪

マウスピースを選ぶポイント

アルトサックスでもテナーサックスでもマウスピースとリードに何を選ぶのかはとても重要になりますよね。

まだアルトサックスの初心者の方はマウスピースはミディアムをチョイスするようにして、うまくなってきたらそれ相応のものを選んでいくのがベストなマウスピースの選び方でしょう。また基本的にはクラシックやジャズなどどのジャンルの曲を吹けるようにするのかもアルトサックスのマウスピースを選ぶのに重要になります。クラシック音楽を吹くならば、アルトサックスのメーカーは長高級なメーカーのセルマーが一番あっています。ジャズならば、メイヤー製の物が評判がいいですね♪ポップスのジャンルをアルトサックスで吹くならば、メタルピースを使っている方が多いと思います。他にもマウスピースを選ぶに当たりポイントがあります。同じメーカーの同じアルトサックスのマウスピースでも個体差があるのです。

できればプロの方に選んでもらうのがいいのですが、お店の詳しい方に選んでもらうのが一番いいでしょう。